remarks

shimaji016

島地保武 Yasutake Shimaji (ダンサー・振付家)
1978年長野県生まれ。2004~06年Noism(新潟市)、2006~15年ザ・フォーサイス・カンパニー(フランクフルト)に所属。2013年に酒井はなとのユニットAltneuを結成。2014年に 「NHKバレエの饗宴」に Altneuで出演。資生堂第七次椿会メンバーになりパフォーマンスに加えインスタレーション作品を展示。近年の作品には2016年愛知県芸術劇場制作での環ROYと共作共演の『ありか』、2017年アレッシオ・シルベストリンと共作共演『短い影』、谷桃子バレエ団の『Sequenza』。アーツ前橋「アートの秘密」展にインスタレーション作品『正午』と『震える影を床に落とす』を出品する。2018年Noism2『私を泣かせてください』鳥取県文化振興財団制作『夢の破片』、衣装家 ひびのこづえ×音楽家 川瀬浩介 ×島地保武で『FLY,FLY,FLY』、辻本知彦とのユニット「からだ」を始動し『あし』を発表。フランス国立シャイヨー劇場のレジデンスプログラム(ファブリック・シャイヨー)に日本人で初めて選ばれ滞在制作をし『Oto no e』を創作。神奈川県芸術劇場KAAT制作で映像作家さわひらきと共に舞台作品『Silts』を創作しAltneuで出演。2019年新国立劇場バレエ研修所公演「エトワールへの道程」で『彩雲-iridescent clouds-』を振付。
ダンサーとして石井みどり作品『体』や森山開次作品『不思議の国のアリス』になどに出演している。新国立劇場バレエ研修所講師。